清泉女学院大、新設科の設置を構想中

清泉女学院大学(長野県長野市)は、2021年4月に清泉女学院大学大学院看護学研究科(看護学専攻)と、助産師養成課程の専攻科を開設に向けて設置構想中と発表しました。(詳しくはこちら

2019年4月に看護学部を開設しましたが、同学部第1期生の卒業が2023年3月ということもあり、「地域の産婦人科から助産師の育成を望む声」などの地域の様々なニーズに少しでも早く対応するため早い開設を目指すのだそうです。

大学院看護学研究科は、「看護学分野に関する深い学識の育成を図り、専門性を深め、幅広い医療関連分野において指導的立場で活躍できる人材の養成」を目的として開設され、2年間のカリキュラムを修めると修士(看護学)の学位が与えられるそうです。

助産学専攻科は、「学部等の段階の教育で養成された看護学分野の基礎的かつ基本的な資質能力の修得のうえに立ち、助産に関する専門的な知識と技術の教授、研究を通じ、地域の母子保健の発展と向上に寄与することのできる助産師の育成」を目的として開設され、修業年限は1年で、助産師国家試験受験資格が得られるとのこと。

ただ、この設置構想はあくまで予定のため、内容には変更があり得るそうです。