2019年度国公立医学部<後期>受験者数ランキング

2019年度国公立大医学部後期入試の受験者数が最も多かったのは奈良県立医科大学で358人、2位の山梨大学で341人、3位の香川大学で201人だそうです。

以下4位~10位は次のとおりです。

4位 山口大学 151人
5位 岐阜大学 144人
6位 鳥取大学 142人
7位 愛媛大学 141人
8位 富山大学 133人
9位 旭川医科大学 129人
10位 琉球大学 96人

また、2017年度を基準とした3年間の受験者数の伸び率トップ5は次のとおりです。

1位 山口大学 3.355倍
2位 名古屋大学 3.00倍
3位 富山大学 1.461倍
4位 佐賀大学 1.425倍
5位 鳥取大学 1.392倍

後期日程は前期日程に比べて実施校が少なく、それぞれの募集定員も少ない中、後期試験の受験者数が増えているという状況のため、より一層狭き門になっているようです。