後期第1日目の欠席率、国立61.1%、公立61.8%

文部科学省は3月12日、2020年度国公立大学入学者選抜 後期個別学力検査等第1日目第1時限目(受験生個々についての第1時限目)の受験状況について発表しました。

試験実施大学・学部数は、国立大学が65大学・265学部、公立大学が62大学・126学部となっており、国立大学の欠席率は61.1%、公立大学の欠席率は61.8%だそうです。

なお、上記の数には、後期日程試験を実施しなかった大学は含まれていないそうです。

国立大学で欠席率が高いのは、浜松医科大学83.3%(150人中25人の出席)、一橋大学78.6%(777人中166人の出席)、東京医科歯科大学75.0%(212人中53人の出席)だそうです。

公立大学で欠席率が高いのは、富山県立大学75.8%(236人中57人出席)、石川県立看護大学75.7%(148人中36人出席)、新潟県立看護大学74.5%(110人中28人出席)だそうです。