巡回個別指導

医学部生に「いつでも」「何度でも」質問可能
短期間で見違えるほど学力を向上させる環境

「受験の勝者」チューターからも学び放題

受験指導のプロ担任、一流の講師陣、そしてニチガク医進館にはさらに他の予備校には真似の出来ない大きなもうひとつの特徴があります。それがチューターです。
チューターとは、生徒の学習上の疑問点や悩みに親身になってアドバイスをしてくれる存在です。国立大学の学生、医学部、獣医学部の学生ほか、私立大学であれば、早稲田、慶應レベルの学生、大学院生によって構成されており、MARCH以下のレベルの学生は一切採用していません。なぜなら、早慶レベルの大学を目指している受験生が解けない問題を、日東駒専以下のレベルの学生では、教えることが不可能だからです。
また、教えられる側も、自分が目指す大学の偏差値よりも低い大学の学生に教えられるということは、たとえ、どんなに教え方が上手でも、一抹の不安がよぎることでしょう。このようなことを無くすために、ニチガクでは、チューターの学力、在籍大学、学部には徹底的にこだわり、精査しています。この基準にパスした大学生のみが、ニチガクのSR(スタディルーム)で受験生たちを教えることが許されるのです。
しかも、チューターの多くがニチガクの卒業生であるため、ニチガクのシステム、メソッドを熟知している者ばかり。なにより、「ニチガクのやり方」で大学受験合格を勝ち取った者たちからの指導なので、説得力と指導の重みが違います。このチューターたちと仲良くなり、徹底的にチューターを活用すればするほど、希望の大学への距離をぐんぐん縮めていくことが出来ます。

医学部生による机間巡視指導

通常の予備校は大人数で講義を受け、質問がある場合には休み時間に講師控え室に質問しに行くというのが一般的なスタイルです。しかし、質問したい生徒が大勢いるのに対して、講師ひとりだけでは時間が足りず、結局は休み時間に回答できないことが多いようです。これではせっかく受けた講義もわからない箇所を残したままとなり、効果は半減してしまいます。
また参考書をしようして自分で進めている学習についても同じことがいえるでしょう。わからないところは必ず理解してから次のステップに進む。これこそが偏差値を上げていく唯一最良の方法です。そこでニチガク医進館では、東大をはじめとした国公立大学の医学部生を中心とした当予備校の卒業生を中心としたチューターを配置し、「いつでも」「何度でも」疑問点を質問できる体制を整えています。
質問に答えるだけではなく、学習計画の進度もチェックしてくれるので、日々の勉強のナビゲーターとなって合格へと導きます。

医学部生による机間巡視指導のメリット

SR(スタディルーム)を巡回しながら、生徒からの質問に対応し、疑問点を解消するチューターへの質問回数は無制限。疑問点が生じた際は、いつでも質問することが出来ます。もちろん時間の制限もありませんので、納得いくまでうまく利用してください。
学習の疑問点を解消する医学部生チューターの多くは、当予備校出身者であることも大きなメリットです。現在は医学部生の彼らも、少し前までは受験生として頑張っていました。つまりニチガク医進館のカリキュラムやメソッドで合格した人たちなので、当予備校のことを熟知しているため、指導にブレがないのです。また、チューターと打ち解けることが出来れば、受験生時代の経験談や苦労話、大学生活などの話を聞くことが出来るため、メンタル面においても、医学部を目指すモチベーションアップにつながるのです。

ご相談・お問い合わせはこちら0120-182-502受付時間 13:00~21:00

資料請求・お問い合わせ お気軽にお問合せください